妊活中は葉酸の適切な摂取

皆さんご存知のように、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特長があるようです。ですから、サプリを飲むときには、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという理由です。

こうしたサプリは妊娠しやすい体創りのためにも役立ちます。ですから妊活中の女性もサプリの摂取を御勧めします。

不妊に効果のある食べ物というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があるようです。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。

妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。
全体的にはバランスよく多彩な食材をとるのが理想的です。逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は避けたほうが、妊娠してからも楽になります。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸の補給が不十分になると、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。

受胎時から始まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養をもらいながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。
ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特長があるために、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかにどんな栄養素が必要であるのか分からないという方が殆どだと思います。

総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分を参考に、総合サプリを選ぶようにすればエラーないと思います。

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜と呼ばれるものが該当します。妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症指せにくくするそうです。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

納豆や貝類を食べるのを勧めたいものです。

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きを持たらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。それでは、仮に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。

葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天異常を発症する可能性があるというデータがあるのです。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてちょうだい。
金銭的負担が大きい不妊治療ですが、タイムリミットを考えたら精神的に持つらいものです。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る場合がほとんどです。その年で諦めろということでしょうか。

むしろ40だからこそ、助成回数を増やしたほうが良いように思います。

実は私自身もすでにアラフォーですので、見捨てられたような寂しい気持ちで、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

長男を出産した後でしたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。

本に載っていたように、排卵日を特定した後上手くタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。
妊娠が分かっ立ときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が確認されるまでは期待と不安で緊張していました。結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。

Comments are closed.